表面波探査法とは?

  • TOP   >   
  • 表面波探査法とは?

表面波調査法って?

地震の波を利用した地盤調査法です

表面波探査法は、起振機で地面に微弱な振動を与えて、検出器(センサー)で表面波(地震波)の伝わる伝播状況と速度を解析します。
ガラや礫があっても深さ10mまでの地盤データが収集可能です。
法的には国交省告示1113号にも「物理探査」として記載されており、確認申請上も問題ありません。
住宅瑕疵担保責任保険各社の調査法にも対応しています。

表面波調査法

どうやって調査するの?

予定建物の4隅と中央の5か所を測定します。

・5か所とも同じ作業の繰り返しになります。1棟の調査は2~3時間程度です。
・アスファルト・砂利面でも調査可能ですが、有筋のコンクリートは調査不能です。
・土質・水位は分かりません。

表面波調査法

何が分かるの?

面的な荷重に対する、地層毎の支持力と予測沈下量が分かります

測定した表面波の伝播状況と速度を解析します。
その結果地層境界が解析され、各地層毎の許容応力度(支持力)や予測沈下量が分かります。
これらを並べて地層構成を予測することで面的な解析が可能となり、不同沈下の可能性を極限まで予測できるようになりました。
そのため、過剰な地盤改良や杭工事を施さなくても、充分安全との判断が可能となるのです。

表面波調査法

これらの多くのデータ解析により不同沈下の可能性を判断します。
そのため、安全で必要十分な地盤対応策を提案できます。

表面波調査法は、無駄な地盤改良・杭工事をなくします!