地盤保証について

  • TOP   >   
  • 地盤保証について

より大きな安心をサポート

表面波探査法による地盤調査の結果に基づいて適切な地業・地盤対策・改良工事及び基礎の設計・施工を行ったにもかかわらず、不同沈下が発生し建物に障害が生じた場合、地盤と建物の修復工事を行います。

■ 基礎着工日から保証開始(PLUS-Rを除く)

基礎着工時から地盤保証が開始しますので、建築中の不同沈下に対しても保証が適用されます。

■ NPO法人の保証

保証団体であるNPO住宅地盤診断センターは、現在約100社の地盤調査会社(法人会員)で構成されています。
たとえ会員企業が倒産したとしても、NPO法人は支障なく運営していくことができますので、保証期間中の地盤保証の効力が失われることはありません。

■ 大手損害保険会社の賠償責任保険契約証明書を物件ごとに発行(PLUS-L)

NPO住宅地盤診断センターは、大手損害保険会社と保険契約を締結し、10年間(20年間)資力の心配なく地盤保証が行える仕組みを構築しました。
物件ごとに地盤保証書とともに大手損害保険会社との保険契約が存在することを証明する「賠償責任保険契約証明書」を添付いたします。

■ ビルダー様倒産時はお施主様へ保証

保証期間中に保証加入会社様(ビルダー様・住宅供給業者様等)が倒産した場合には、対象物件のお施主様に対して、保証が引き継がれます。

プラン 安住α(アンジュウアルファ)安住α(アンジュウアルファ) PLUS-L(プラスエル)PLUS-L(プラスエル) 既存住宅地盤保証PLUS-R(プラスアール)PLUS-R(プラスアール)
保証期間 基礎着工日から保証開始 保証開始日より
10年間
10年間 + 建築期間 20年間 + 建築期間
保証限度額 5,000万円 1億円 5,000万円
保証対象 木造・軽量鉄骨造3階建以下の建物
延床面積1,000m2以下・軒高10m以下
(工場・倉庫は要相談)
建物用途・構造制限無し
延床面積1,000m2以下
(4階建以下、かつベタ基礎か布基礎)
木造・軽量鉄骨造3階建以下の建物
延床面積1,00m2以下・軒高10m以下
(工場・倉庫は要相談)
保証契約証明書 なし あり なし
保証適応傾き 5/1000 調査時傾きより
プラス 5/1000
保険引受会社 株式会社 地盤審査補償事業
(あいおいニッセイ同和損害保険株式会社)
保証料(税抜) 25,000円 35,000円 40,000円