安心安全の地盤調査は
表面波探査法

株式会社グラウンド

地盤改良工事
不要率
88%

ムダな
地盤改良工事
してませんか?

私たちは地盤探査で皆様の家づくりに貢献します!

  • 安価 不必要な地盤改良工事をなくし、
    トータルコストを
    大幅削減
  • 安全 表面波探査法 だからできる沈下予測に基づく
    安全で必要十分な
    地盤対策が可能
  • 安心 大手損害保険会社による
    安心の 地盤保証

私たちが表面波探査法をオススメする理由

当社では、「表面波探査法」という地震の波(レイリー波)を利用した地盤調査法を採用しています。
起振機で地面に微弱な振動を与えて、検出器で 表面波(レイリー波)の伝わり方と速度を解析する方法です。

スウェーデン式サウンディング試験
(SS試験)

SS式試験の場合、途中に礫などの硬いものがある場合、スクリューが礫にあたって貫入不能となった場合は測定を終了します。

地盤改良工事 + 地盤対策工事 75%

表面波探査法

表面波探査法の場合、礫などが混在していても必ず深度10m程度まで計測できます。

地盤改良工事 + 地盤対策工事 30%

POINT 1 正確かつ信憑性のある精度の高い調査結果

地盤調査の目的は、「地耐力」を調べることです。
地耐力=地盤の許容応力度(支持力)+沈下特性(沈下量の予測)
SS試験では測定が難しいとされる地耐力を表面波探査法では数値により細かく判断します。

POINT 2 点ではない、面による全体的な地盤調査が可能

SS試験の場合、調査すると決めた点の調査結果から全体を推測する方法とりますが、表面波探査法の場合、表面波によって点ではなく面で地盤の様子を捉えることが可能で、より正確なデータが計測可能です。

POINT 3 地盤改良の必要性がわかりコストカットにつながる

上記のようにたとえSS試験によって「地盤改良が必要」と判断された土地であっても、表面波探査法でより正確な調査を行った結果、地盤改良が必要ではなかった、または小規模な地盤対策ですんだというようなケースが大変多く出ています。
もちろん、表面波探査法がすべての地盤調査に対応できるわけではありません。しかし、対象の建物に必要な地盤調査に対してSS試験よりも十分な結果を期待することができます。
また、当社では万が一場合を考え地盤保証制度も整えております。